MENU

決算・法人税申告

ホームサービス内容決算・法人税申告

決算・法人税申告

2018.11.12

決算時期はどの企業も忙しいものです。通常業務に加えての発生ですから大変ですね。
決算申告書作成はスピード重視。早くて正確な申告書はスポットの対応も可能なので
決算時期だけお願いするのもありです。決算・申告書作成は税理士法人に依頼してみませんか。

決算時期の法人税申告の悩みは

企業であれば決算時期の法人税等の申告は欠かせません。
また初めての決算申告だけど、まず何から始めればよいのか?といったような
お悩みが多いことでしょう。さらに通常業務の合間にやるのは至難の業です。
なんといっても申告には期限があります。ギリギリになって何も手を付けてないことが
わかったら慌ててしまいますね。税理士による決算、申告の代行ならギリギリでも対応が
可能です。スピーディに正確に申告書類を作成できます。
また期限後申告や、過去の申告についてもサポートできるのでお得感はあります。
会計ソフトへの入力から、指導までスポットメニューについても対応してくれる税理士もいるので、わからないところや不明点だけを確認することもできます。

法人税申告作成サポートは過去分も

法人税申告書作成サポートは消費税の申告や税金についての節税などのアドバイスもついていますので、今後の決算においても過去の振り返り(修正)においても有効です。
過去に申告をし忘れている・・という場合にはほっておいては、もったいないのできちんと
税理士にチェックしてもらって確認しましょう。今までやりたかったところがあったけれど忙しくてできないし、書類もそのままという場合でも税理士ならスピーディに業務を切り盛りしてくれます。また税務調査においてもそろそろ気を付けておきたいという場合も
決算の時期をきっかけに経営サポート、税サポートとして活用できることでしょう。

期限ぎりぎりでもあきらめず

期限ギリギリの駆け込み申告ができるのも税理士の腕です。
最短2-3日で対応してもらえることもあります(シーズンの混雑具合によります)ので
ギリギリになってしまったから無理・・と思わず一度相談してみることをお勧めします。
領収書、請求書などを送るだけで毎月、税理士が代行し決算までずっと管理してくれるサービスもあります。ご都合に合わせて必要な業務を手伝ってもらいましょう。

よく耳にするのは個人事業などで弥生会計などの会計ソフトに月々の入力をされている方が決算時期だけ書類(決算書類)や申告書の作成を依頼したいのだけれどという声です。
もちろん税理士に依頼すればすべて可能となります。内容のチェックをしながら書類を作成することも可能です。

中小企業の決算書類については見るべきポイントがいくつかあります。
「中小企業の会計に関する指針」を使って今後の銀行融資などがしやすい状態を
一緒にサポートすることもできるのが税理士の強みです。
また税理士が作った決算書は「この税務申告書は適正な処理のもとに作成されたものです」という保証書を出すことが可能です。信頼される税理士がそのようなエビデンスをつける
ことは、その企業はきちんと毎回税理士が見ているものと思われるので、税務調査の対象になりづらいということにもつながります。また銀行の信用も同時に得ることになりますので新規融資も相談しやすい状態となります。
決算書類や税申告を通じて税理士に依頼すると次の時にもいろいろと特典を得ることができますね。

決算時期は忙しいことが多いものですから、通常の営業をしながら・・というのが
皆さん大変難しいようです。システムはあるけれど実はいじってないという場合も多く、
中小企業をはじめとする経営者の皆さんは「決算の時には、頭が痛い」というお声を
よく聞きます。

しかし、専門家である税理士に委託するだけで通常営業に滞ることなく、
スムーズに処理が可能なのが逆にこの税関連や決算関連の書類なのです。

もちろん経理部がある場合には、専門の人を雇って行ってもよいですが毎日この時期に
遅く帰るというのもナンセンスな気がします。したがって部分的なサポートも可能な
税理士事務所に依頼するとメリットが多く生まれるということになります。

特に法人税の報告などは決算書と一緒で慣れていないとなかなか用語も難しく、
会計ソフトに何をどう入れていいのかわからないということもあるようです。
ソフトの入力方法をレクチャーしてもらうのもありだと思いますが、初めはプロが作った
決算書類などをきちんと見て、それ以後自分たちでできる部分があるかどうかを吟味して
行くほうが毎年の決算の時期のストレスから解放されるのではないかと思います。

まとめ

会社の決算や法人税の申告については、お金がもったいないから自分たちでやるという人もおられると思いますがアドバイスだけでも貰うとかなり、やり方も楽になるはずです。
相談は無料なことが多いですので、もし毎年頭を抱えている、残業が多くなり決算処理をしているという場合にはお近くの税理士にご相談ください。

会計・税務への無料相談は
コチラから Contact
会計や財務に関することから費用など個別の無料相談については
下記の電話番号もしくはWebフォームからお気軽にお問い合わせください。