MENU

契約書チェック・作成

ホームサービス内容契約書チェック・作成

契約書チェック・作成

2018.11.12

ビジネスにおいて契約は欠かせないものです。契約をしていないと泣き寝入りしたり
トラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。また事業をされている方で相手のほうから「契約書に調印するように求められているがよくわからない」
「内容と違う条件の契約を依頼されている」というように中身がよくわからないと
とんでもない契約を結ばされることもあるでしょう。騙されずにきちんとしたビズネスの契約を結ぶための方法をまとめてみました。

契約書で困っていたら

知らないうちにこんな契約を結ばされていた・・・
とか明らかに不利な条件で契約が結ばれてしまった・・・というような場合はどうしたらよいでしょうか?
契約書は一度調印してしまうと、その書面において拘束されますので、内容をよく見ずに契約をしてしまうのは考え物です。場合によっては損害賠償などの被害を被ることも
ビジネスではありますので、安易に契約をしないようにしなければなりません。
契約は、その内容や影響をよく理解した上で契約しないと、ビジネスが命とりになることもあります。

またお客様自身も口約束でなく、相手に対して契約条件を出すことができますので自分の事業をする際にも契約書の準備はかならずしましょう。

お金の問題、契約で困ったら税理士へ

もし思いもしないような契約を結んでしまって困ってしまったら、専門家の税理士に
相談しましょう。また新しい事業の契約書は事前にドラフト(下書き)段階で
税理士にチェックしてもらってから発行するようにしましょう。

契約書に記載されていない内容、たとえば口約束の事前の合意、メールや電話での交渉経過などを効力に含めないという文言を契約書に入れることも可能です。
完全合意条項を置くことであいまいであるような内容がキチンと区分けされるのです。

また、ビズネスはあらゆるお金がかかりますが損害をだしてしまえばもっと大変なお金と労力がかかります。
トラブルになった際には契約書がきちんとあれば、回避することもできるのが
契約書です。特にお金にかかわることは税理士にチェックをしてもらいながら作成や
アドバイス、相手とこの契約を結んでよいかなどを決めるといいでしょう。

税理士が相手側と解決までの手続きをサポートすることも、もちろんあります。
トラブルの争点となる契約書をチェックして、一番最善の方法にもっていくことが
できるのも士業と呼ばれる人たちの強みでしょう。税金やお金のことは税理士が専門なので相談してみる価値はありますね。

特に契約書や契約はあらゆるケースの対応方法を知っている税理士に見てもらうと
スムーズに事が運ぶことが多いものです。
日常的に契約書のチェックなどを依頼することがベストですが、金額的に難しいようでしたらスポットでチェックをお願いしたり、アドバイスをもらうことも可能です。訴訟になる前なら弁護士でなくても、税理士のチェックでリーズナブルに物事を解決しましょう。

税金のことなら税理士と顧問契約も

お金にかかわることはビジネスにつきものですから、どのようなことがあっても大丈夫なように税理士と顧問契約を結ぶのも一つの方法です。いつでもバックに控えていてもらえるというだけで相手もきちんとした会社で変なことはできないな、と感じるでしょうし
会社としてもきちんとした税金体制をしているところだな、と思ってもらえることでしょう。社会的な信頼も税理士と顧問契約しているというと、クリーンな会社であるという印象を持ちます。

顧問契約の内容もいろいろありますが、気軽に何でも相談できることに加えて
会社としてのイメージも「きちんとしている」ということになりますので
顧問契約による税理士がいるということをアピールするのも、企業にとってはメリットです。よく会社案内などで顧問税理士 〇〇と記載されているウェブページがあると思いますが、信頼がおける、安心して取引できそうだなという印象になります。

顧問税理士との契約も契約書は作ってもらえますし、不明な点は何でも相談してみてください。ビジネスをする上では、あらゆる面でサポートができ、プラスになるはずです。

顧問税理士契約を結んでいて、良かったと思える内容は次のようなことが多いようですね。

〇決算がスムーズに進んだ
〇節税できた(素人では思いつかなかった方法で)
〇利益がUPした
〇契約が多く取れるようになった
〇危ない取引先との取引を回避できた
〇税務や、経理業務をすべて代行してもらえるので時間に余裕ができた

良いことが多いので、仕事の効率も結果的に上がり、売り上げ収益が増えたというのが
本音のようです。やはり専門家のバックアップは強いですね。
相談してみることから始めてみると、以外なところで業務効率が回り始めるかもしれません。

まとめ

契約書はビジネスにとっては欠かせないものです。結ぶときも結んだあとも
専門家にチェックをしてもらうことが自分たちの事業を守ることにもつながります。
また顧問契約もメリットが多いので、新規事業をスタートする、今までの事業を見直す時には税理士へ一度コンタクトしてはいかがでしょうか。

会計・税務への無料相談は
コチラから Contact
会計や財務に関することから費用など個別の無料相談については
下記の電話番号もしくはWebフォームからお気軽にお問い合わせください。