MENU

資金調達支援

ホームサービス内容資金調達支援

資金調達支援

2018.11.12

資金調達のためにどのようなことをすればよいのでしょうか?
通常は金融機関からの借り入れかと思いますが企業の場合は法人のため複数の
方法でリスクを分散させることもあります。また金融機関以外でも資金調達の方法は
実はあるのです。

資金調達支援とはどんなもの

法人で資金を調達しようと思えば思いうかぶのはメインバンクを作った金融機関からの
借り入れですね。しかしひとつのところだけに頼るよりも投資家など分散させたほうが
企業の運営をしやすいこともあります。
自身で行うよりも税理士法人のような専門家に資金調達の相談をすることで
幅広い見解から資金を入手できるのです。

たとえば、資金調達のメジャーな種類、サービス内容を見てみます。

資金調達の方法として

〇友人・知人・親族・・・容易に金利などを気にせず借りれるが大口を依頼するのは
よほどでない限り難しい。また気まずくなった時に揉めやすいこともあります。

〇金融機関/銀行からの資金調達・・・メジャーな方法ですが当然ながら与信管理があります。

〇補助金・助成金での資金調達・・・審査が通れば借り入れという形でなく補助金や
助成金扱いとして調達できます。返済不要の代わりに事業の報告が必要です。

〇投資家からの資金調達・・・株式公開などで投資家から募る方法です。
次に資金調達の相談の流れをみてみましょう。

税理士などに資金調達を相談すると

税理士などに資金の調達を依頼すると、どのような流れになるのかまとめてみました。

1. 打ち合わせ/資金繰りや事業計画についても話し合います
2. 計画書作成
3.金融機関との交渉同行

銀行からの資金調達をする場合、当然ながら与信管理があります。
銀行により多少の基準が異なりますが、企業をランク付けし、分類しています。
ランクごとに資金融資の金額や可否が決定します。
ランク付けが、非常に重要です。これは様々なポイントを見て行われますが、基本的には決算書が一番大事なものといわれています。

税理士法人ならば決算書の作成はもとより、金融機関の融資が通りやすいアピールや
資料作成を行います。

しかしながら、これは実績などがある企業でこれから新たに創業しようとする企業や
個人事業主は、開業間もなかったり、業績の履歴がすくないなど、民間の銀行には
借りにくい部分もあります。
民間の金融機関はこのような企業には、なかなか貸してくれません。
新しい企業やベンチャーなどの融資先として実績のない場合、銀行は敷居が高いという
方もおられました。そんな時には日本政策金融公庫や商工組合中央金庫などの
金融機関を利用するのも一つの方法です。信用組合なども通常の金融機関より融通が利いて、何とか貸してくれるように動いてくれたりします。
税理士が同席すればなお借りやすくなるでしょう。

政府系金融機関からの資金調達

担保や保証人の確保が難しい・・なかなか貸してくれるところがないという場合でも利用出来る法人の資金調達先としては無担保無保証人での借り入れが可能な政府系金融機関からの融資もあります。

〇日本政策金融公庫
〇信用保証協会が保証した融資
〇各種公庫系金融機構

これらは用途によって異なりますので一度、税理士に相談するとよいでしょう。

キャッシングなどのノンバンク系

ノンバンクと呼ばれる銀行以外のキャッシング機関もありますが
金利が一般的に高いためおすすめはできません。法人の融資においても
返せなくなってしまったということもあります。
複数のノンバンクから借りると通常銀行の融資がとおりにくくなったりします。

補助金・助成金の活用

国や地方自治体、商工会議所から実際に使ったお金一部を補助としてもらえる制度です。
「助成金」は基準を満たせば、原則として受給できます。時期も締め切りもありません。
「補助金」は助成金と異なり公募制で受付期間内に必要な手続きをして申し込むものです。
もし通らなければ、しばらく同じ助成金に応募できないものもあります。

税理士法人では補助金、助成金のサポートも行っているので、同席して
決算書を説明することもできます。
どの資金調達の方法が最も合っているのか?というアドバイスもできるので心強いですね。

銀行等の金融機関や公的機関から融資を受ける場合、
収益性、安全性、返済能力を見られることがほとんどです。
つまり「ちゃんとお金を返せるんでしょうね」という事です。

・負債と自己資金の比率を見られます。
・借金を返済できる能力があるかどうかを見られます。

金融機関と認定経営革新等支援機関からの支援受けている税理士法人もありますので
事業計画を実行し、中小企業を対象に借り入れしやすく、信用保証公開の保証料が減額される借り入れなども税理士がアドバイスできます。

まとめ

金融機関からの借り入れといってもいろいろな金融機関があります。より安全に、
またよりスムーズに借りられれば一番やりやすいと思います。専門家である税理士にぜひ相談してみてください。

会計・税務への無料相談は
コチラから Contact
会計や財務に関することから費用など個別の無料相談については
下記の電話番号もしくはWebフォームからお気軽にお問い合わせください。