MENU

給与計算 アウトソーシング

ホームサービス内容給与計算 アウトソーシング

給与計算 アウトソーシング

2018.11.12

給与計算のアウトソーシングとは

小規模の会社になると経理と財務と総務を一緒に営業業務と兼任しなければ
ならない!というような場合に、総務関連や給与計算を代行してもらえる税理士などに依頼することです。毎月のことですからかなり手間になることも多いようです。
給与計算代行をアウトソーシングするメリットなどもまとめてみました。

給与計算アウトソーシングとは

給与計算の代行は残業代なども含めて専門性を要するものです。
個人事業や小規模、中規模の会社では専門の総務部や給与計算の部門を持たない場合も
ありますので誰かが兼任して毎月残業して処理・・(という悪循環)になってしまうことも
少なくないようです。税理士は給与計算などのスキルにおいても豊富な実績があります。
毎月発生することですから、定期的に依頼をしたほうが無駄な経費や残業を削減することができます。給与計算は、タイムカード集計から始まり、給与振込み代行、給与明細の準備配信(印刷)また賞与の時期などは賞与の準備もあります。さらに年末調整や交通費の振り込み月などはオプションの業務が増えますのでアウトソーシングをしなければ誰かが時間外に業務をこなさなくてはいけないので余計な人件費が毎月のように積まれていくことになります。

給与計算のやり方は?

給与計算とは基本的に会社の役員や従業員にお給料を支払う際の計算のことをいいます。
実際に行った労働に対して雇用契約に基づく給与を支払うものが労働契約です。
会社は給与計算を間違えたり、遅れたりすることは信頼関係にかかわります。
給与計算とはどのようなことを基準に行われているかといいますと、単に労働した分を払うだけでなく、税金の計算や保険料の天引き計算も含まれているのです。そのため税理士の得意分野というのも、お分かりいただけると思います。

・勤怠時間などをチェックし、計算する。
・所得税、住民税を代行して会社が納税する。
・健康保険料、雇用保険料を代わりに納付する。

などの計算が必要になります。意外と細かく、法律に基づいて行いますので
片手間にやると時間がかかったり、間違えやすかったりすることもあるようです。

給与計算で、こんなお悩みはありませんか?

毎月、社員の給料日の前には、経営者が給与計算で営業の時間が取れない・・・
社員に給与計算も任せたいが、人数がいない・・・。
給与計算・年末調整の時期だけなど忙しい時期だけアウトソーシングしたい・・
など様々なお悩みが経営者の方にはあるかと思います。
さらに法律の改定などがあると都度反映させていかなければならず、余計な仕事が
増えるだけになってしまうこともあります。

そんな時、給与計算・年末調整・社会保険料や税金の計算などをアウトソーシングすることで役職、基本給、手当、交通費などを踏まえて毎月の計算を任せることができれば楽ですよね。給与計算のアウトソーシングでラクになるのも一つの働き方改革になります。
一度サービスをアウトソーシングした人は、楽さに驚きずっとお願いしたい!と思うようになることがほとんどのようです。それだけ今まで社員や経営者の方の負担になっていたことを外に出すだけで業務効率も上がるのです。

毎年の保険料更新データにも対応しているので、保険率が変わったりしてもお任せで大丈夫。
年末調整の複雑な対応も楽にこなすことができるので営業に専念できるのです。大幅な費用削減が可能になり業務がスムーズにいくので経営基盤もしっかりしてくるはずです。

給与計算は人数が多ければ多いほど、自社でのシステムや社員の部署を分けて対応はできるようになるのですが中小企業や個人事業の場合は、多すぎず/少なすぎずというような
場合も出てきます。その場合、少ないから自分でやってしまおうという経営者の方も以前は多かったのですが、最近はご自身の時間も無くなり、営業時間も少なくなるので少ない人数でもアウトソーシングしてとにかく業務効率を上げていくことに尽力している経営者の方も少なくありません。

しかし、それは正しい判断といえるでしょう。今はシステムやソフトも豊富で
やろうと思えば、いくらでもできそうな気がしますが、基本をわかっていなければ
なかなかソフトも進まなかったり、うまく回らなかったりします。

そして内容が正しいかどうかもわからない・・という事になりかねないので
それならば初めからプロの税理士にバックアップしてもらってついでに内容も
チェック、全部毎月お任せしたほうが得になるというものです。

まとめ

毎月ある給与計算は、ただお金を払えばよいわけではなく税法にしたがって
税金を計算したり、社会保険を代理で納めたりする必要があります。
総務がある会社の場合は良いですが、限られた人数で運営している会社の場合は
1人の負担が大きくなるばかりです。長く勤められる環境を作るためにも専門家に
できる部分は任せることが、会社の成長にも利益にもつながるのではないでしょうか。

会計・税務への無料相談は
コチラから Contact
会計や財務に関することから費用など個別の無料相談については
下記の電話番号もしくはWebフォームからお気軽にお問い合わせください。