ホーム > お悩み一覧

税理士先生との相性問題

税理士はモノを売る商売ではございませんのでやはり最終的には相性問題というのが切っても切れません。しかし、弊社では税理士業を先生業と思わず、サービス業であることを徹底し、挨拶や報連相の徹底をおこない、お客さまのためにできる最大の努力をしたいということから、日本で一番お客さまに感動を与えられる事務所になりたいという思いで一同一生懸命対応しております。ですから100点ではないと思いますが、常に向上心と努力によってお客さまから「ありがとう」をもらえるように取り組ませて頂いております。

提供サービス内容の質・クオリティの問題

弊社は多くのお客さまにアンケートを実施したりヒアリングを実施する中で、実はよかれと思ってやっていることが迷惑になっていたり、逆におせっかいだよなと思って言っていないことが実は一番求められている事があると言うことに気づきました。そこで様々な予算や業種や社長がいる中でも押さえなければならないキーポイントとなる(特に決算前後や大きな意思決定の時が大切)時には可能な限りの手間ひまをかけ、取捨選択は社長にお願いするとしてもその材料をご提供することが我々の使命と思って取り組まさせて頂いております。将来、あのとき言ってもらって助かったよといわれるのが我々の最大の喜びでございます。

顧問料金や提供サービス料金の問題

我々の業界は税理士協会の出す料金表が撤廃されある意味自由競争です。我々は、お値段は安かろう悪かろうは絶対にあってはならない仕事なので、価格だけを訴求することはしませんが、この厳しい時代にあってお客さまから指示される料金を提示することは重要な使命だと考えています。弊社では明確な料金表を有すると共に、逆にお客さまの求めるスタイルや希望に応じた可能な限りの努力をさせていただくことによって、様々な方から多数のご紹介を頂いており、月に5~10社程度の増客をしております。これが何より喜ばれている証だと考えます。