相続税

2017年7月26日 水曜日

弊所の相続税対策における強みにつきまして

 相続税対策は、その回その回の相続における単発での税務対策のみを行っていては、全体を見誤る可能性があります。

 相続は一回だけ発生するものではなく、その回の相続において財産を相続された方が亡くなられた際も再び相続が発生します(二次相続)。相続税対策は、初回の一次相続のみを考えていましたら、二次相続の際に思わぬ税額が生じることもあります。
 また相続財産の中に賃貸用不動産がある場合、その賃貸用不動産は各年度の所得を生み出すことになります。当該所得は各年度の所得税の申告の対象となってきますので、相続が与える所得税への影響も考慮する必要があります。
 更に当該不動産を相続されるのが二次相続の際の被相続人(二次相続の際に亡くなられた方)である場合、当該所得は二次相続の際の課税の対象となる相続財産を増加させ、結果的に二次相続の際の相続税額を増やしてしまう場合もあります。このあたりも相続税対策の際には気を付ける必要があります。

 我々T&Aコンサルティングは創業より70年以上の歴史を持ち、相続税の申告業務経験も豊富です。また我々は相続税のみを専門としているわけではなく、法人・個人の所得に係る税務申告業務も日頃より専門業務として行っておりますので、相続が他税に与える影響に関しても精通しております。こうした豊富な経験、幅広い専門性に基づき、多角的な視点から相続税対策を行うことができるのが、T&Aコンサルティングの強みです。
 特に賃貸用不動産のような収益性物件を相続される場合、場合によっては相続された方が法人成りをご検討される場合もあるかもしれませんが、そうした法人成りの必要性の検討から、実際に法人成りをされる際の支援業務の提供に至るまで、我々T&Aコンサルティングであれば最後までフォローさせて頂くことが可能です。これはまさに、T&Aコンサルティングならではの強みです。

 相続税対策・相続税申告にお悩みでしたら、是非一度T&Aコンサルティングにご相談下さい。
 お客様の立場に立って、真摯にご対応をさせて頂きます。

投稿者 税理士法人T&Aコンサルティング

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ