中小企業支援

2017年7月25日 火曜日

一歩進んだ会社設立

 日本における会社設立は準則主義になりますので、形式さえ整っていれば誰でも簡単に会社設立を行うことができます。

 しかしお客様のニーズは多様にあり、単に法人格が付与された会社が設立できればいいというお客様がいらっしゃる一方で、将来を見据えて会社設立の段階からきちんと制度設計を行いたいというお客様もいらっしゃいます。

 例えば現行の会社法下では株式会社は多様な種類株式の発行を行うことができ、議決権の面からでは、無議決権株式、拒否権付株式(黄金株)、実質的に議決権の数の異なる株式等を発行することができますが、こうした種類株式を活用することにより会社支配と資金調達に係る多様な制度設計を行うことが可能となっております。
 こうした制度設計は会社設立後であっても可能ではありますが、変更には株主総会の特別決議等を要することから、外部株主が入ってきてからの制度設計の変更は困難となる場合もあります。従いまして、会社設立時にこうした将来を見据えて制度設計を行っていた方が、スムーズな場合もあります。

 T&Aコンサルティングでは、単に会社設立を支援するだけではなく、お客様からのご要望に応じてオプションでこうした制度設計のご相談も承っております。
 会社設立の際は、是非一度T&Aコンサルティングにご相談下さい。



投稿者 税理士法人T&Aコンサルティング

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ