活動ブログ

2012年6月 7日 木曜日

【節税対策】 交際費とされない紹介謝礼・情報提供

1  謝礼・情報提供料

契約が社外の者からの情報提供や紹介・斡旋などによって成立する場合、これらの業者に支払った情報提供料などは問題なく損金となります。
ただし、情報提供等を業務としていない一般の個人に支払ったものは交際費となります。これは一般の個人に対するこれらの費用の支出は対価としての性格が乏しく、謝礼金としての性格が強いためです。




2  交際費とされない謝礼・情報提供料

情報の提供を業としない者に対して支払う情報提供料(取引業者の従業員個人に対するものを除く)が情報提供料として経費処理するためには、あらかじめ広告、ビラなどで提供される情報とその対価が明らかにされていることにより、金額の算定根拠が広く周知されている必要があります。
情報提供料の支払は、交際費とならないように覚書等を作成して、計算の根拠を明らかにしておくことが大切です。
なお、領収書は必ず申し受けることを徹底し、住所、氏名、電話番号を控えておく必要があります。




3  謝礼・情報提供料の留意点

次の要件のすべてを満たし、その金品の交付が正当な対価の支払である場合は、その交付に要した費用は、交際費に該当しません。


① あらかじめ締結された契約に基づいて支払われるものであること
② 契約により提供を受ける内容が具体的に明らかにされていて、これに基づいて実際に提供を受けていること(証憑などで明らかにし、保存すること)
③ 支払われた金額がその提供を受けた内容に照らして相当と認められること




お知らせ
当事務所では、経営者様が抱える様々な課題やお悩みについてのご相談を随時承っております。ぜひ、お気軽にご連絡、ご相談ください!




お問い合せは、担当:東山 
Tel:03-3798-2186 / e-mail:info@ta-consultingnet.com




『T&A経営・税務のポイント』無料メルマガ配信中!
・資金繰り対策、節税対策、事業承継対策など経営・税務に関する有用な情報満載!
・多岐にわたる経営トピックを横断的に連載。毎週金曜日配信です。


無料登録はこちら





投稿者 税理士法人T&Aコンサルティング